Message

私たちWO-unは、日頃より山武の山へ入り、サンブ杉林の保全活動を続けています。

自然の偉大さや美しさに五感で触れていると
ふと、私たちの持つ表現や概念を超えた
どこか「懐かしさ」にも似た感覚におちいることがあります。

きっとそれは「自然」という存在が、誰に対しても何に対しても
決して境界線を引く事なく、踏み入れた私たちのそのあるがままを
静かに、確実に包み込んでくれるからではないでしょうか。

それは、最高のもてなしであり、「命」というかけがえのない贈り物。
そんな自然から学び、その恵みを生かしながら
「わたし」と「あなた」の間にいつしか引かれていた境界線を
少しずつ溶かしていく様な、おもてなしや贈り物のカタチを育てていけたら。

それがI’mU(アイムユー)PROJECTにこめる想いです。